スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

我が家を担当してくれた営業マン 


営業マン1★60
我が家を担当してくれた、山根木材株式会社の営業マン伊藤さんです。

平成20年12月11日(木)の中国新聞を読んでいると、住宅展示場アスタの全面広告記事がありました。
なにげなく眺めていると、見覚えのある人が載っているなぁと思ったら伊藤さんでした。

お世話になった人や、知り合いの人が新聞に出ていると嬉しいものです。

念願のマイホームは、今年の1月末に持つことができました。
計画を中断していた時期もあり、足かけ3~4年はかかったと思います。

その間も、伊藤さんは見捨てることなく、こまめに足を運んでくれました。
僕が納得いくまで何回も何回も図面を書き直してくれたり、知恵をしぼって間取りや配置など提案してくれました。
また、図面だけでは想像しにくいと家の立体模型まで作ってくれました。

おかげで、不満が一つも無い素晴らしい家を所有することができ、本当に感謝しています。

他にも、現場監督さん・インテリアコーディネーターさん・外構屋さんなど、いろいろな方が協力してくれました。

本当にありがとうございました。

営業マン2★60
先日、年末の挨拶を兼ねて伊藤さんが我が家に来られました。

特製カレンダーと年明けに行う住宅ローン減税に必要な書類等を持って来てくれました。

早速、新聞記事の話しをすると、「あちこちで見たよって言われます」と言っていました。
新聞の影響力は、スゴイなぁと思いました。

「伊藤さん、新聞だけじゃーなんなんで、僕のブログに掲載しますよ」っと話しているので、本人にも確認はとれています。

伊藤さん、これからも頑張ってくださいね。 
今度、仕事抜きで遊びに来て下さい。     魚信亭たけ坊の一家より


年末の大掃除の時期なので、前の新聞は荷作りテープで縛った方が多いと思いますが、12月11日の中国新聞が手元にある方は、見てみて下さい。

現在、営業マンの伊藤さんは、広島市東区牛田新町にある住宅展示場「アスタ」におられます。
本当、一生懸命でいい提案をしてくれますので、マイホームをお考えの方はアスタに寄ってみるといいですよ。


ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
01:30 | ローカル | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
地元ッティなのに初 | top | 瀬川彦次 前期モデル

Comments

# NoTitle
初めてコメントさせて頂きますm(__)m
「仁義なきかかり釣り」のかずです。
コメントいただきありがとうございましたって事で
早速お邪魔させて頂きました。
かぶせ釣りをされているのですね~!
先日僕も牡蠣を初挑戦しましたが
見事なへっぽこぶりでして・・・(笑)
↓の方で拝見させて頂いたのですが
牡蠣の事が書かれてましたね!
参考にさえて頂きたいと思います。
これからもちょくちょく拝見させて頂きたいとおもいますので
よろしくおねがいします。
by: かずさん | 2008/12/30 16:19 | URL [編集] | page top↑
# 47cmは羨ましいです
かずさん、いらっしゃいませ。

遊びに来て頂き、ありがとうございます。

僕も、カキのかぶせ釣りを始めた頃は、穂先のアタリが波の揺れなのか、風なのか、はたまた自分がピクついたのか、本命の魚のアタリなのか全然わかりませんでしたよ(笑)

こちらこそ、よろしくお願いします。

また、あそびに来て下さいね。




by: 魚信亭たけ坊さん | 2008/12/30 17:56 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして、魚信亭たけ坊さん。
KABUSE44の細原です。掲示板の書き込みありがとうございました。
私は船を持っておりませんので、以前はもっぱら船を所有している知人の船に乗せてもらってカブセをしていました。3号のナイロンラインとゴム管を使った手釣りです。今は波止でのカブセを専門にしていますが、年に1~2回は知人の船で出かけることもあります。
両方を経験して言えることは、派手で短絡的に楽しいのは波止のカブセですが、潮を読んで船を掛ける筏の位置を考えたり、2枚潮の攻略法など、船の方が奥が深いですね。
もし片軸リールをお使いになるのなら、落とし込み釣り用の太鼓リールではなく、ダイワのバイキング(筏44、極50)や、黒鯛工房のカセ用リールを使ってみてください。きっと「目から鱗」モンですよ~。
by: 細原さん | 2008/12/30 22:26 | URL [編集] | page top↑
# 片軸リール
細原さん、いらっしゃいませ。

遊びに来て頂き、ありがとうございます。

最近、波止での釣りも楽しんでみたいと思っていますので、いろいろ教えて下さい。

片軸リールですが、一台持っているんですよ。

黒鯛工房 カセ筏師 THEチヌ LIMITED 65W-SB競技

これなんですが、普段両軸を使っているせいか、なかなか慣れることができず、お蔵入りしています。

細原さんの言われるように「目から鱗」もんを実感するため、次回、釣りに行くときは使ってみようと思います。

細原さん、これからもよろしくお願いします。
また、遊びに行きます。

by: 魚信亭たけ坊さん | 2008/12/30 23:44 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://chinukabuse.blog90.fc2.com/tb.php/88-296e4a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。