スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ブスッ、プシュ~~~ッ! 


エア抜き2★60
チヌを釣ってから、エア抜きをせずイケスに放り込んでおくと、こんな感じで腹を上にして浮いてしまいます。
ほっておくと、せっかく釣った活きのいいチヌが帰るまでに弱ってしまうので、エアを抜いてやります。

本当は、釣り上げるたびに抜いてやるのがいいのですが、めんどくさい時は、ある程度釣れたあと一気に抜いてやります。
チヌちゃんゴメンね(笑)

えらそうなことを書いていますが、かぶせ(かかり)釣りを始めてチヌが釣れるようになった頃、僕はエア抜きが全くできませんでした。

いざエア抜きをしようと思っても、やり方や知識が無かったので斜めからズボズボと穴に棒を入れて試してみましたが、思うように抜けず余計弱らせてしまう始末でした。

っとそこに、幼い頃から知っている地元で漁師をしている方が船で様子を見に来てくれました。
エア抜きが思うようにできないことを打ち明けると、腹がパンパンに張ったチヌを手に取り、エア抜き棒でサッといとも簡単に抜いてしまいました。

それを見ていた僕は、あっけにとられ頭の中で必殺仕事人のテーマが流れてきました。♪チャララ~
「うゎぁ、まるで飾り職人の秀(三田村 邦彦)みたいなわぁ。」っと感動し、エア抜きを伝授してもらいました。

時々、パチンコに行って必殺仕事人を打ちますが、リーチアクションで秀が出るとエア抜きの伝授のことを思い出します。

個人的には、飾り職人の秀(三田村 邦彦)は進展の信頼度が薄いので、三味線屋の勇次(中条 きよし)の方がカッコいいし好きです(笑)

エア抜き3★60
エア抜きから、かなり脱線しましたがここから本題です。

まず、チヌの腹を上にして左手で持ちます。

エア抜き4★60
次に、真上から穴にブスッと2~4cm程度刺してやります。

画像では、左手で棒も持っていますが撮影のため右手がふさがっていたので、このような格好になっています。
通常は、左手でチヌを支え人差し指を腹の上に置きます。
そして、右手で棒を持ちます。

エア抜き5★60
そして、棒の角度を少し手前に倒してやり、左手の人差し指で腹を押してやると、プシュ~~~ッっと抜けます。
これで、チヌも元気ピンピンになりイケスの中を力強く泳ぎまわります。

他にも抜き方があると思いますが、わりと簡単に抜けますので是非試してみて下さいね。

GW中にラストの牡蠣チヌに行きたいなぁ。


ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
スポンサーサイト
01:00 | かぶせ釣り | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大潮を利用してDIYしました。 


4月25日(土) 雨のち曇
大潮
船1★60
今回も大潮だというのに、あいにくの天気。
しかも肌寒い。
いつもの筏や周りを見渡しても、船が一隻もいません。

午後から雨も止み、あのバカ食いが再び・・・
っと思ったのですが、今回は、大潮を利用して海の相棒を掃除することにしました。

船2★60
前回、係留している桟橋から筏まで船を走らせていると、何か違和感を感じました。
「船の加速が悪い」「船が重い」

軽快感が無くなっていました。

船3★60
それもそのはず、たまの週末に使うだけなので、船底や側面などに貝や藻がビッシリ付着していました。

船4★60
前の部分にも。

船5★60
肝心の船外機がこのありさまです。
本体、ペラも貝や藻でドロドロ。
エンジンをかけるたび、「汚れてきたなぁ」と気づいていましたが、まだ大丈夫だろうと先延ばしになりこのような状態になってしまいました。

これでは、まともに走るわけがないし、燃費も悪くなります。

釣ることに夢中になり、全く手入れをしていませんでした。
車には、あれこれ手入れをしているのに反省です。

船6★60
そこで、掃除道具を用意して清掃開始です!

洗剤は、海に流れるため使えないので、ガンコな汚れを落とすスポンジと、コゲも落とす強力なスポンジ、貝や藻を取り除くステンのヘラを用意しました。

船7★60
どんどん潮が引いていき、船底を固定します。
本当ならば、近くの造船所やマリーナなどで行うのですが、予約もしていないし船の状態を知ることと、経験しておきたかったのでこの方法をとりました。

ヘラとスポンジでこのとおり!

船8★60
貝などを取り除くときに、ペンキが」剥がれないようにヘラで軽くこすっていましたが、こびりついていた貝がペンキと一緒に剥がれてしまいました。
こりゃしょーがない。

次回、また塗ればいいのでこれでよし!

船9★60
先端の貝や藻も取れました。

船10★60
これなら、水をよくかき分けてくれそうです。

船11★60
船外機が、一番見違えるようになった部分かも。
付着物による抵抗も無くなったので、加速も上がると思います。

満潮まで待って、試運転をしてみようかと思いましたが、時間がなかったため次回のお楽しみ。

次の釣りですが、牡蠣チヌは終わりなのでダンゴにするか、メバル狙いで行こうと思っています。

ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
03:56 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年は8種類 


釣り・車の次に好きな趣味を今年も、始めることにしました。
それは、家の裏側通路を利用したプランター菜園です。

去年もプランターで栽培をしましたが、素人のわりには面白いように実がなりハマってしまいました。

なかなか実らないものもありましたが、「どうしてなんだろう?」とかいろいろ調べたり、肥料のやり方、水やり、アブラムシの駆除など長年菜園をしている人に相談をしたりしているうちに、のめり込んでいる自分がいました。

家庭菜園は、こうしてみると釣りに似ている部分があって、「納得のいく釣果を出すにはどうしたらいいのか、何が原因で、どこを改善すべきなのか」など研究するところがいっぱいです。
あとは、収穫したものを家族で味わって楽しめるところも同じです。

どちらも、機械ではなく自然が相手なので、前回と同様とはいかないところが面白いんだと思います。

家庭菜園1★60
なすび
素人でも失敗が少ない野菜だと思います。
何かの雑誌かネットの記事で見たのですが、芸農人として知られる高木美保さんも「なすびは失敗が少ないからオススメ!と言っていました。」
僕も、家庭菜園にハマったのもデカいなすびができたのがきっかけです。

家庭菜園2★60
つるなしインゲン
つるがないので、ネットを張らなくてもいいので手軽です。
気がつかないうちに、鈴なりのように実がつきます。

家庭菜園3★60
春大根
去年、栽培に成功してとても美味しかったので、今年も挑戦します。
まびき菜も美味しいです。

家庭菜園4★60
えだまめ
これは、肥料の袋を再利用した袋栽培です。袋の下には排水の穴をいくつも空けています。
たくさんできたら、ビールのつまみにしたいなぁ。

家庭菜園5★60
きゅうり
家庭菜園の定番です。
去年も、たくさん実りました。
前日、実の大きさがウインナーぐらいだったのが、次の日にはフランクフルトのようになっているので観察も楽しいです。

家庭菜園6★60
とうもろこし
初めて栽培します。
とうもろこしは、「なかなか実がならない」とか「なっても実がスカスカ」ってよく聞きます。
成功するのか分かりませんが、頑張ってみます。

家庭菜園7★60
ししとう
これも、初めて栽培しますが、わりと簡単にできると聞いてしてみました。
サッと焼いて塩をちょっとつけて食べたら美味しいらしいです。
できたらやってみたいです。

家庭菜園8★60
ねぎ
去年からの引き続きです。
どんどん伸びて、毎日の食卓に出ています。
スーパーで買ったねぎを根から3~4センチぐらい切って植えたものですが、長年家庭菜園をしている人曰く「苗を買って植えるよりも、スーパーのほうがよくなる」とのことでした。

これから、どんどん大きくなり実をつけてくると思うと、朝夕の水やりが楽しみです。



ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
23:29 | 家庭菜園 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

美味!ひおうぎ貝 


ひおうぎ貝1★60
これは、僕が好きな貝類の1つでもある「ひおうぎ貝」
水揚げされた牡蠣にくっついていてる副産物でもあります。
他の地方では、専門に養殖しているところもあるみたいですよ。

その名のごとく、色鮮やかな扇に似ていることから付いた名前みたいです。

ひおうぎ貝2★60
この牡蠣は、水揚げされ余分な泥や藻などが洗い流された状態です。
いつも、ここから釣りに適した牡蠣を頂いています。
伯父さん、いつもありがとう!

ひおうぎ貝3★60
前回、4月11日(土)に牡蠣チヌをして釣れた47と40cmのチヌを伯父さんプレゼントしました。
釣った魚を人にあげるのも、楽しみのひとつなんです。

なので、いつも帰りの車中は「あれは、どこに持っていこうかぁ?誰にあげようかぁ?」と考えながら運転しています(笑)

ひおうぎ貝4★60
伯父さんにチヌを渡し、チヌの食いやアタリ、釣れている筏などの世間話しをして帰るまぎわに、「チヌありがとのぉ。おっ、土産があるけんこれ持って帰れやっ。また釣りに来いのぉー。」と、この「ひおうぎ貝」を頂きました。

家に着いたら、早速調理開始!
っといっても、素材の旨味を活かすため軽く塩コショウして、サッとプライパンで焼くだけです。

ひおうぎ貝5★60
これは、本当美味しい!
見た目はホタテ貝に似ていますが、味はホタテに比べてほんのり甘く、潮の香りや旨みが濃厚です。
貝柱の歯ごたえがたまりません!

ひおうぎ貝6★60
それほど大きくないので食べやすく、刺身にしても美味しいです。
当然、お酒がすすみました(笑)


ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
00:36 | 料理 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今回も大潮 釣果!! 


4月11日(土) 晴
大潮
牡蠣チヌ4-11 1★60
前回に続き、また大潮。
天気も良く、夏になったかのような暑さでした。
日焼けをしたせいか、顔がヒリヒリして痛いです(笑)

いつもの筏は、牡蠣がすべて水揚げされていたので、まだ牡蠣が吊るしてある隣りの筏に決定。

牡蠣チヌ4-11 2★60
また、バカ釣れしますようにと願いながら、牡蠣殻を撒きます。

牡蠣チヌ4-11 3★60
しかし、釣りはじめて1時間以上経ってもアタリが全くナシ。
「なんでぇ、今日は、大潮じゃろぉ?」と思いながら、誘いをかけても全然ダメ!

気分転換に竿を置いて、筏の上を歩いてみました。
本当、暑かったので上に着ていたフリースも脱ぎました。

牡蠣チヌ4-11 4★60
筏には、ワカメがたくさん付いています。

牡蠣チヌ4-11 5★60
食べごろのワカメがあったので、帰りに採って帰りました。
サッと湯がいて、ポン酢で食べたら最高!
わさび醤油でもイケます。

サラダや味噌汁に入れても美味しいです。
市販の乾燥ワカメとは違い、歯ごたえと風味が全然違います。

牡蠣チヌ4-11 6★60
牡蠣養殖業をしている、親戚の伯父さんが別の筏で水揚げをした牡蠣を積んで戻ってきました。
いつもありがとうございます。

牡蠣チヌ4-11 7★60
気を取り直し、餌も付け替えて竿を下ろしてみると・・・
潮の流れが変わったせいか、いきなり「コンコンコーン!!」
アタリ!
確実にアワセ、戦闘開始。

牡蠣チヌ4-11 8★60
かなり強い引きでやり取りをしているうちに、チヌが姿を見せました。
このままタモに入れて終了を思ったら

牡蠣チヌ4-11 9★60
まだ抵抗し、格闘再開!
牡蠣筏の中に入り込まれないように慎重にやり取りをします。

このスリルがたまりません!(笑)

牡蠣チヌ4-11 10★60
チヌも力尽き、水面に上がってきました。
銀色に輝いてキレイです。

牡蠣チヌ4-11 11★60
まだこれだけなので、チヌも酸欠することなく気持ち良く泳いでいます。

牡蠣チヌ4-11 12★60
本日、最長の47cm

牡蠣チヌ4-11 13★60
まだ釣りたかったのですが、大潮ということもあり船が係留しにくくなるなるので午前中で納竿。
2~3時間程度でしたが、十分楽しめました。

ここは、まだまだ釣れそうです。

47cm 40cm 38cm 35cm 34cm 各1枚   合計5枚



ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
23:27 | かぶせ釣り | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一世風靡したオモチャ 


たまごっち1★60
先日、実家の押入れの奥に、何となく見覚えのあるホコリもぐれの段ボール箱があったので開けてみました。

すると、約12~15年ぐらい前の私物がどっさり入っていました。
学生時代から就職したての頃の物です。
プチプチ タイムカプセルみたいな感じです(笑)

懐かしくなり、手にとって見ていると中にこんなものがありました。

そう、一世風靡し社会現象まで起こした「たまごっち」です。

たまごっち2★60
まだ、封も切ってなく当然1回も遊んでいません。

大人から子供まで、みんな欲しがるほど人気があり、どこも品切れでなかなか手に入らなかったのに、なぜ遊ばなかったのか自分でも分かりません(笑)
なので、どんな感じでキャラクターが動いたり反応するのか詳しくは知らないのです。
たぶん、あまり興味は無かったと思うのですが、なにぶんミーハーなので、とりあえず手に入れておこうぐらいだったんじゃないかなぁと思います。

たしか、これを買ったのは職場の旅行で東京に行った時だったことを思い出しました。
平成8年に就職し、旅行は年が明けて平成9年の2月頃だったかな。

自由時間を利用し、原宿に行った時にたまたまキデイランドの前を通りかかったら、すごい長蛇の列でした。
警備をしていた店員さんに「何の列ですか?」っと聞いてみたら「たまごっちですよ。購入希望であれば並んでくださいね。」と言われ、「うわぁーっ、運がいいかも。あのたまごっちが手に入る!」そう思って並んでみました。
テレビや雑誌のカメラマンも取材で来ていました。

かなり待つのかなぁと思っていたら、意外にもすぐ順番が回ってきて購入することができました。

たまごっち3★60
抜くと電源が入る紙も付いたままです。
これを抜いたら、まだ電源入るのかな。

この「たまごっち」が発売された頃に生まれた子は、もう中学生。
早いですねぇ。
おっさんになるはずです(笑)

たまごっち4★60
そろそろ、デッドストックの仲間入りかも。

この「たまごっち」は、このまま封を切らず大事に取っておこうと思います。


ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
01:25 | できごと | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

休日のパン作り 


パン作り1★60
5日の日曜日は、家族でパンを作りました。
なかなか上手に出来たと思います。

パン作り2★60
まずは、ママが生地を丹念に練ります。

パン作り3★60
次に、娘がねんどで遊んでいるかのように練ります(笑)

練りあがったら、少しねかせます。

生地を成型して、トッピングしていきます。
そのあと、オーブンで焼きます。

パン作り4★60
「まだかなぁ~まだかなぁ」と言いながら、待っていたら・・・

「♪チャララ、チャララ、チャララララ~」

パンが出来上がりました!
パンがこんがりキツネ色に焼けています。

これは、コーンチーズ

パン作り5★60
外はこんがり、中はふっくらしていました。
コーンとチーズは、本当良く合います。

カリッと焼けたチーズの内側は、ほどよく溶けたチーズがコーンと絡み合っていました。

パン作り6★60
もうひとつ、ウインナーロール

パン作り7★60
サクッとしたパンの外側と、ふわっとした内側に挟まれたウインナーがパリッとした歯ごたえと肉汁で、とてもジューシーでした。

パン作り8★60
コーヒーと一緒にいただきました。

昼ごはんを食べて間がないのに、家族全員すごい勢いでパクついていました(笑)

今度は、何を作ろうかな。


ブログランキング参加しています。クリックで応援よろしくお願いします<(_ _)> にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ FC2ブログランキングへ                                    
23:01 | 料理 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。